読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客から思う、人と人との向き合い方

最近はクレームというものが当たり前になっている。

 

でも、クレームってなんのためにやっているか。

 

そこにはやっぱり、お金と権力(見栄)が関わっていると思う。

 

たとえばハナから値切ることが目的で粗探しをしたり、クレームをつける。

自分の方が偉いんだという誇示のために、クレームをつける。

 

お客様は神様っていう言葉を違う意味で履き違えて、蔓延しすぎではないだろうか。

 

お金で支払いが終わればそれでいい、という考え方がひどすぎる。

 

本来お金をお支払いして、いただいて成立することとは、お互いに敬意をもって行うことではないだろうか。

 

モノやサービスに対してありがとうございますという気持ちでお支払いし、提供したモノやサービスを利用していただき、ご満足していただきありがとうございます、という気持ちが適切なのではないか。

 

接客業をした人ならわかると思うのですが、いいサービスを受けたければいいお客を演じるのが礼儀ではないでしょうか。

 

演じるとまではいかない、でもお互いに譲歩しあってこそ平和なお金のやり取りができるのではないでしょうか。

 

なんか道徳心が無くなっているように思います。

 

未熟者